今でも新しいクレオパトラ

パンプス

かつて洋楽に目覚めたての学生期、確かクレオパトラのファーストアルバムを買ったのは中2ぐらいのときだったと思います。近所のツタヤの洋楽コーナーでクレオパトラのアルバムを試聴するやいなや、ファーストトラックのCleopatra’s themeのファンキーなダンサブルさと、クレオのパワフルなボーカルに一発でやられ、迷わず即買いしたのを今でも覚えています。

 

試聴のとき、ヘッドフォンから聞こえるクレオの伸びやかな冒頭の歌声がくっきりと斬新に残り、イントロを聞いて即これはイイナ!と思いました。それが単に一時的な気分による影響ではないことは、今の時代になってもときどきクレオパトラを聞き続けていることにも表れていると思います。

 

何年経って時代の流行がどう変わろうが、自分が好きになった音楽は基本的にずーーっと半永久的に好きな私だからです。何度かPVも見ましたが、改めて今日Cleopatra’s themeのPVを見たらメンバーの三者、やっぱり腰使いとか動きがナチュラルにウマいなぁ〜と思います。

 

このへんがTHEブラック!と言いますか、黒人さんゆえにできる羨ましいところという感じで、人種からごく自然に出てくるノリのような部分がそのままダンスになっている感じがしますね。これぞ民族の血がなせる業なんだろうなと分かります。

 

もちろんアーティストとしてダンスレッスンをしたことでしょう。しかしながら、練習したり習ったからできる動きというより、黒人さんとして元来から持ち合わせている踊れるカラダから来てるんだろうなという印象をとっても受ける動きです。あんなふうにナチュラルに振り付けが出てきて踊れたらすごく幸せだろうなぁと思いました。

 

クレオパトラのように、感動できる歌がもっと増えれば幸せな人が増えるなと感じます。

 

http://www.元気が出る歌・感動する歌.com